ヘイソン・ニャー

Heisonn Nya

ヘイ子とソン子のお絵描きユニット。漫画やイラスト、企画やライティング…出来ることはなんでもやります(おもしろそうなら!)。仕事の仕方、住まいと職場の関係、ちょっと他の人とは違うかも。

所属
所属 県外出身島根大好きユニットヘイソン・ニャー
家族
ヘイ子/既婚、子ども2人  ソン子/既婚、子ども1人
職歴
ヘイ子:広告会社 営業(2年)
ヘイ子:フリーランス(現在)
ソン子:市営の教育機関(2半年)
ソン子:フリーランス(現在)

今回のプチママワーカー、ちょっと変わり種です。

いつもはインタビュアーをしている私、ヘイ子と、ユニットを組んでいるソン子の対談形式でお送りします!

私たちは2016年にヘイソン・ニャーというユニットを組んで、『島根移住読本すむことふみ~松江編~』というフリーマガジンを作りました。

以降、お仕事の依頼が入るようになり、それぞれの産休、育休をぼちぼち挟みながら活動しています。

 

ヘイソン・ニャーは2人ともママ。そして創作を仕事としています。

さらにヘイ子は3つの仕事をしていて、ソン子は住まいとは離れた場所での仕事を多くしています。

ちょっと変わっているかもしれないけど、プチママワーカーに興味のある方にはおもしろがってもらえるかも?

ヘイソン・トークはじまります~。

 

ノリで始めたヘイソン・ニャー


ヘイ子(以下、へ):まずは~そうですね、お互いの自己紹介でもしようか。

ソン子(以下、ソ):そだね!私は香川県出身、大学進学で島根県へ。卒業後はマンガ家を目指して島根に残留、そこで今の夫と運命の出会い…!

へ:島根でプロポーズされて結婚したんだよね。

ソ:そうそう、島根がガチ縁結びの地!んで、今は夫の転勤についていく形で奈良県在住!奈良では公的な教育施設の先生として、子供たちに工作を教えたりしていました。そこは娘の出産を機に退職。今は家事と子育ての傍ら、ヘイソン・ニャーの活動も含め、イラストや漫画のお仕事をしてます!

へ:ソン子は奈良に住んでいるのに島根にも思い入れがあって、今でも島根県に関するお仕事をしているんだよね。

ソ:そうそう、関係人口ってやつなのかな。自覚なかったけど。

へ:私は宮城県出身で、大学進学で島根に来てから今までずっと島根!大学卒業後も、島根の企業に就職していないのに、その辺の支社に配属になって今に至るという…。

ソ:大学卒業後、結婚前は一緒に暮らしてたよね。

へ:そうだね、家賃節約で!結婚を機に会社を辞めて、ソン子との同棲(笑)も解消。子育てしながらライターとかLINEスタンプ作ったりとか、在宅で仕事してた。旦那さんが転勤族だから会社に勤めるのも気が引けてさ~。

ソ:慣れてきた頃に転勤、とか言われたらへこむよね。

へ:会社に迷惑かけるしね…。それでも社会とつながっていたい気持ちはあったからさ~在宅仕事もしつつ、ソン子にフリーマガジン作成を持ちかけたんだよ。

ソ:いまさらだけど、なぜ私に?

へ:私は誌面の企画とか編集は出来るけど絵が下手だったから…学生時代から漫画家目指してたソン子がパッと頭に思い浮かんで。

ソ:なるほどね~。できないことがあったら外注だね!私も転勤で離れてしまったけど島根に未練?愛着?あったから、イメージが一致して楽しく作ることができたよ。

へ:うんうん。はっきり言ってノリで自腹で1000部もフリーマガジン作ったけど、仕事になってよかったね~(笑)

ソ:ほんとそれ~(笑)

 

子育てしながら、かけもちは忙しい?


へ:私に至ってはフリーマガジンを読んだ方からお声がけがあって、秘書やってるしね。

ソ:意見交換しましょうと連絡いただいて行ってみたら、秘書になったね(笑)

へ:あとブティックでも働いてます。これもご縁があって、人からの紹介で。

ソ:ご縁だね~~。まとめるとヘイ子は漫画と、秘書と、ブティックと3つの仕事してるんだね。忙しくない?

へ:忙しいっちゃ忙しいけど…どのお仕事も子育て優先とみんな言ってくださっているので、家庭との両立は出来ているかな。それぞれの楽しみもあるし。どれもフルタイムじゃなくて短時間のお仕事を組み合わせてるの。

ソ:ありがたいことだね~!子育て優先!

へ:マジありがたい…。

ソ:雇う側としても、短時間で決まったことだけやってもらう働き方がいいんだろうね。

へ:そうだね~。マッチングってやつですね!

 

幕の内弁当と魔法少女


へ:さて、それではヘイソン・ニャーにとってのプチママワーカーとは?なんでしょうか。

ソ:え~とですね、プチママワーカーは和洋折衷いろいろ詰め込んだ幕の内弁当!いろんな世界でいろんな自分がいる生活を送れるってイメージかな。

へ:わかるわかる!もっと可愛く言うと魔法少女だね!変身する魔法少女。あるときはカフェの店員、あるときは事務員、しかしてその実態は…

ソ:キューティ●ニー!(笑)

へ:かけもちとか子育ての傍ら…言うと忙しいイメージが先行しちゃうけど、おもしろいもの、楽しいことつまみ食いって感覚だね。私にとってのプチママワーカーは。

ソ:いろんな仕事をして疲れそう、って人はひと月あたり、あるいは年間で〇円だけ稼ぐ、時間は〇時~〇時までの間!って決めてしまうのもいいかも知れない。

へ:そうだね。それ以上はシフト入れません、夜ふかしして仕事しません、って決める。

初めは思うようにいかないかもしれないけど、具体的な基準があると無いとでは動き方が違ってくると思うよ~。

ソ:他の人はこうだから、ああするのが普通だから・・・ではなく、自分の生活リズムや体調、好奇心や楽しみ優先で暮らしを作っていくのがいいと思います。

へ:話が真面目になってきたね。ヘイソン・ニャーは根が真面目だからな~

ソ:もっとふざけたいんだけどね。

へ:そうだね~。じゃ、この辺で今回は終わりましょうか。

ソ:ぼよよよ~~~~~~~ん。

へ:ぼよよよ~~~~~~~ん。