No.8 増岡さやか

Sayaka Masuoka

仕事と仕事、緩やかにつなげて『活動』してます♪ もちろん家庭と仕事もつなげて楽しく次のステップへ… ママさんアーティストの暮らしにゆる~く迫る!

所属
飲食店、ハンドメイド作家
家族
既婚、子ども3人
職歴
アパレルショップ(6年)
テレアポ(2年)
飲食店(現在)
ハンドメイド作家(現在)
一日のスケジュール

プチママワーカー®とは…

短時間work×パラレルキャリアで仕事、家庭、そして自分!それぞれを大切にして、自分らしい納得した生活を送っているママさんのこと。仕事は短時間=プチだけど、自分のキャリアを活かした複数の肩書きを持って楽しく暮らしています♪

 

今日のプチママワーカー®は増岡さやかさん。

増岡さんの働くお店でインタビューしました♪

 

「適当でいいよ」のひとことから


ヘイ子(以下、へ):素敵なお店~!こんなおいしいエスニックが松江でも食べられるなんて…野菜もうまっ

増岡さん(以下、増):ありがとうございます。今日はよろしくお願いします。私、話せることあるかな…

へ:あ、こちらこそよろしくお願いします!うまさでテンションあがってた~。こちらではウェイトレスさんをされているんですか?

増:はい。あとお店には私のハンドメイドアクセサリーも置いてもらっていますよ。イベント出店の時なども一緒に販売させてもらってます。

へ:こちらのお店、イベント出店をよくされていますよね。あとゲストハウス?やってますか?新聞か何かで見た覚えが…

増:ゲストハウスもやっていますね!そちらのお掃除などのお手伝いもしていますよ。

へ:お店とのかかわりがすごい!めっちゃ信頼されているんですね~

増:実はこちらの店長は弟の同級生で。それがご縁で声をかけてもらったんですけど、「適当でいいよ」って(笑)

へ:気楽に自由にやって、ってニュアンスですかね(笑)

増:その言葉に甘えて、イベント出店の時などは自分からいろいろ提案もしています。個人でやっているハンドメイドの仕事とは切り離さず、同時進行している感じですね。

へ:自分に合ったバランスでふたつのお仕事を進行させているんですね。具体的にはどんな提案をされているんですか?

増:私のハンドメイドアクセサリーでのイベント出店の時も、飲食店のケータリングを持って行かせてもらうこともあります。

へ:おお、まさに同時進行!二つのお仕事を切り離していないということがよくわかります。そういったことを許してもらえるのもいいですね。

増:店長をはじめ、個性的な人とかかわることが多いです。おもしろくやっていますね。

へ:家庭と仕事、両立のポイントはおもしろく!かな~。

増:はい、働いているというより活動しているというか…いつの間にか時間がたっているときが多いです。

へ:早く時間たて~~と思いながら仕事する人も多い中で…やりがいを感じますね。

 

たくさんのやりたいことと、子どもたちと


へ:いままでも飲食店やアクセサリー関連のお仕事をされていたのですか?

増:アパレルショップで働いていました。結婚後にママ友とハンドメイドアクセサリーを作る活動を始めます。3人でやっていて、それぞれ作りたいものを作っていますね。

へ:3人でブランドを作り上げる!というよりも個人個人で頑張っている感じなんですね。

増:そうですね。それでも3人でやっていると楽しいです。助け合えるし、単純に同じ趣味の人と話すのって楽しいし♪

へ:楽しみがお仕事になっているって嬉しいですね。

増:はい、でもいまちょっとした分岐点だなと思う時もあって。どう働こうかなーとか考えることもあります。

へ:他に興味があることができたとか?

増:もともと絵も描いていたので、そこもお仕事にできたらなとは考えていますね。

へ:え!絵?もしや店内にあるポップは増岡さん作ですか!?

増:はい。これも店長が「絵を描けるなら描いてー」って(笑)

へ:絵をいきなり仕事としてやっていくのは勇気がいるけれど、ちょっと披露する場があると安心ですね。

増:そうですね。いろいろやりたいことが多くて…このお店ではもちろん働きたいけどハンドメイドも新しいことにも取り組みたいんです。

へ:やりたいことがたくさんあるって素敵です!いつでも将来の夢がある人が好き♡しかし我々ママさんは家庭とのバランスも考えなきゃないですよね…。

増:そうなんです。以前は仕事に子どもは連れて行かない!って、家庭と仕事を切り離していました。

へ:切り離さなきゃいけない、っていう社会の風潮も根強いですよね…。

増:でもある日、イベント出店の時に子どもも連れて行ったんですよ。そうしたら意外と大丈夫で。これからは子どもも巻き込みつつやるのもいいなーって思いました。

へ:子どもさんの成長に伴って、巻き込む範囲も広がりそうですね!楽しそうに仕事をしているお母さんの姿は子どもにとってもいい影響になりそう♪

 

ちょとずつでも、続けよう


へ:最後に、プチママワーカーに興味ある方へメッセージをお願いします。

増:私の周りは正社員とか、いわゆるちゃんとした人が多いんですよ。そうすると、これでいいのかな?と思う時もあります…。

へ:Me too!

増:でも、活動を続けると人も仕事も広がるんだなと日々感じています。ちょっとずつでもいいから続けて、自分に合った自由な働き方があるんだよって伝えたいですね。

へ:ちょとずつ、いいですね。働き方は人それぞれ…模索しながら焦らずに。でも続けることが大事ですね。今度は絵で一緒にお仕事したいです!

増:ぜひ!

へ:いろいろ繋がっていきそうですね♪今日はありがとうございました。